子どもの就活が心配・・・

子どもが大学生くらいになると、行動範囲も広がってなかなか昔のようにたくさん話すのが難しくなりますよね。でもやっぱり、子どもの大きな節目である就活のことは、お母さんたちも気になっていることと思います。
筆者は大学生なのですが、実際子どもたちも就活のことをほとんどわかっていないのが現状です。自分から意欲を持って調べない限り、サービスで教えてくれる人なんて滅多にいないからです。

よく親御様から
「大学のキャリアセンターや就職課が就活の面倒を全部見てくれるから親は何も心配しなくていいのでは?」
という言葉をいただきますが、残念ながらそれは間違っていると言わざるを得ません。
なぜなら、社会のことを何も知らない就活生を無事に企業に送り出すには、ビジネスの知識
・職業観
・プレゼン・ESライティングなどの伝える力を個人個人に合わせて強化していくことが不可欠だからです。

もちろん子どもが自発的に調べるのが1番!口出しのしすぎは禁物ですが、もし子どもが就活にやる気になってアドバイスを求められたり、質問されたりした時にパッと答えられるくらいの知識があったら、とても安心ですよね♪

就活における親御様の役割はあくまでサポート役であり、とやかく口出しをするべきではないということが分かります。

一方で、子供には色々と教え込まないといけないという矛盾した側面があるのも事実です。

就活ルールの撤廃って?どんな影響があるの?

まずはもっとも注目されている『就活ルールの撤廃』についてお話しします!

そもそも就活ルールって何?

就活ルールとは、日本経済団体連合会(経団連)が定めている、採用活動の時期に関してのルールです。採用の時期を早めすぎると学生の学業がおろそかになる危険性があることから、説明会の時期・採用開始時期を決まった時期に同時に行うといった制度です。ただしあくまでもルールであり、どうしても守らなくてはならないものではないため、既に形骸化していると言われてきました。

就活ルールの撤廃とその影響

2018年10月9日、経団連による就活ルール撤廃が発表されました。これはつまり、就活のスタートが平等ではなくなり、いつから就活を始めるべきかという明確な「正しい時期」がなくなったということになります。早く始めるも遅く始めるも自分次第ということになりますね。

経団連は9日の会長・副会長会議で、現在大学2年生である2021年春入社以降の新卒者を対象とする就職・採用活動のルールを廃止することを正式に決めた。1953年に始まった就職協定以来、約70年続いてきた就職・採用活動の「目安」がいったんなくなる。そのしわ寄せで、学生・企業双方が活動を本格化させる時期を大幅に早めかねず、学業への影響が懸念される。

この状況に対して、Twitterでは・・・?

このように、就活ルール廃止が発表されたことからかなり早い動き出しを求められるようになっていることがわかります。
採用活動がどんどん早まっていくのはほぼ間違い無いので、自分で判断し、人脈や経験を作り上げる必要が出てきています。

就活の鍵を握る長期インターンとは

関連するまとめ

隠れマザコンにも注意!男の子がマザコンになる原因と対処法

マザコン。 良く言えば、お母さん思いの優しい男性です。 しかし、世の中のイメージでは、マザコン男性というの…

BIGパパ / 2005 view

子供の食育にジャストフィット!「COCO育スプーン&COCO育フォーク」のご紹介

MYMAM読者の方から、「脳育ができるCoCo育スプーン、フォーク」があるとの情報をお寄せ頂きました。 こ…

マイマム編集部 / 935 view

通常分娩、帝王切開、無痛分娩…出産って、どの方法が一番良いの?

現在妊娠中の方、もう出産方法を決めていますか? 今は出産の方法まで選べる時代、素晴らしいです! 健康で妊娠…

タネちゃん。 / 1092 view

発達障害について:自閉症スペクトラム編

発達障害といっても、前回お伝えしたようにいろいろな状態や特性を合わせた広い広い概念なので、今回はその一つ、「…

臨床心理士 須々木真紀子 / 2625 view

わが子に伝えるお金の大切さについて

大人になると、お金に絡んで色々と良いことと悪いことに遭遇します。榎本家では子供のころからお金についての価値観…

榎本正義 / 2007 view

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

ママchanコンテンツ

幼稚園・保育園向けママchanフリーペーパー

人気のキーワード

いま話題のキーワード