タミフルを服用した後の異常行動について

タミフルを服用した後に、転落死が異常行動によって生じている等が報道されましたが、対応はどのようなものが現在行われているのでしょうか?

予防対策として、説明文書の薬に付いているものを平成19年3月に改訂し、警告欄に注意を書くと同時に、医療機関に緊急安全性情報を配布しました。

注意内容としては、未成年の10歳以上の患者の場合には、因果関係が分からないが、異常行動を本剤を服用した後に発現し、転落事故になったケースが報告されているので、患者がこの年代の場合には、リスクが高いと見なされる場合以外は、本剤の使用を原則として控えること、未成年者・小児に関しては、万一の事故を防ぐための対応として、異常行動を本剤を使い始めた後は発現するリスクあることなどについて家族・患者に対し説明すること、としています。

異常行動で急に走り出す等の発生が確認されている

抗インフルエンザウイルス薬としては、タミフル以外にもいろいろな医薬品があります。このようなタミフルなどの抗インフルエンザウイルス薬を服用した後に、異常行動で急に走り出す等の発生が確認されています。

また、インフルエンザになった場合には、解熱剤のみを服用した後や全く医薬品を服用していない場合でも、異常行動が同じように発生する場合があることが報告されています。

このような報告があるため、インフルエンザにかかって、療養を自宅において行う場合には、急に走り出して高い階から落ちる等の事故を防ぐため、医薬品を服用しているかどうかに関係なく、インフルエンザが発症してから2日間は、一人に未成年者・小さい子供がならないように保護者等は注意するようにしましょう。

本当に異常行動とタミフルは関係しているのか

非常にタミフルは効果がありますが、異常行動と関係しているのではないかということで、混乱が医療現場で見られる場合もあります。本当に異常行動とタミフルは関係しているのでしょうか?タミフルについている文書には、妄想・けいれんなどが発生する場合があると記載されています。

一方、子供が高い熱を出した場合に、インフルエンザの場合は特に、異常行動を幻覚、幻視などから起こす場合があります。このような異常行動は、心配するようなものではなく、脳症・脳炎とは関連ありません。しかし、長時間継続したり、意識障害が強くなったりする場合は、脳症・脳炎の疑いもあります。

つまり、タミフルを服用した場合の異常行動は、妄想・けいれん、脳症・脳炎、タミフルの副作用があるようになります。妄想・けいれんが最も多くあります。以前は脳症・脳炎は発生していましたが、今では少なくなってきています。タミフルの副作用に関しては、詳しくは不明です。

関連するまとめ

10代・20代が老眼!?気をつけたい「スマホ老眼」とその対策法

老眼といえば40代後半くらいから出てくる加齢による症状ですよね。近くの文字や物が見えにくくなる症状です。最近…

マイマム編集部 / 1899 view

ちゃんと気にしてる?女性だからこそ気をつけたい病気とは

女性には世代によって特に気をつけたい病気が存在します。 これまで健康だったから、まだ若いから大丈夫、なんて…

マイマム編集部 / 3105 view

発熱についてしっておこう!その6

予防接種を受けることで大幅に減少したはしかと風疹。 しかしながら欧米や韓国では撲滅されているのに対し日本では…

マイマム編集部 / 2272 view

ロタウイルスが発症した場合の治療法はあるか

ロタウイルスに感染した場合、ウイルスに効果のある抗ウイルス剤などは、未だ開発されておりません。

マイマム編集部 / 2165 view

デング熱とは、どのような病気?

デング熱というのは、感染症のデングウイルスによるもので蚊が媒介します。アジア、アフリカ、中南米等の広範な世界…

マイマム編集部 / 2150 view

関連するキーワード

マイマム編集部

マイマム編集部では、皆様に子育てに関するお役に立てる情報を提供していきます。
また、インフルエンザなどのウィルスなどを少しでもなくせるよう情報発信をしてまいります。

記事監修:薬剤師白石厚子

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

ママchanコンテンツ

幼稚園・保育園向けママchanフリーペーパー

人気のキーワード

いま話題のキーワード